こんな人に是非SP English(SPイングリッシュ)を始めて欲しい

こんな人に是非SP English(SPイングリッシュ)を始めて欲しい

私が経験した上で、特に「こんな人にSP English(SPイングリッシュ)を始めて欲しい」と思う事がありました。

実際に体験したからこその感想です。

もしこれに当てはまる方がいましたら、是非SP English(SPイングリッシュ)を本気で考えてみてはいかがでしょうか?

英語を身につけて損する事はまずありません!

SP Englishの公式HPへ

こんな人はSP English(SPイングリッシュ)がお勧め

私から見て、こんな人が向いていると思います。

忙しい人

私も普段の生活に変動がある方です。

あり程度のスケジュールは組めていても、それが予定通りにいくのは難しいところがあります。

そんな私でも、SP English(SPイングリッシュ)は生活の負担になる事はありませんでした。

SP English(SPイングリッシュ)はスキマ時間を有効活用できる英語学習プログラムです。

夜遅くまで仕事をしているサラリーマンの方も、家事育児に追われる主婦の皆さんも、どなたでもスキマ時間はあるはずです。

SP English(SPイングリッシュ)で学んでいる生徒さんの多くは、通勤時間などを活用していると聞きました。

私の場合は、入浴時間にお風呂に浸かりながら、タブレットでSP English(SPイングリッシュ)の動画を見ながら勉強しています。

一日たったの30分なので、どれだけ忙しい人でも、スキマ時間なら30分くらい見つけられると思います。

時間も場所も問いませんから、外だろうとどこだろうと、自分が時間を作れるのであれば問題ありません。

一日の空いている部分を使って勉強するので、わざわざ勉強する時間を作る必要もないのです。

今までの生活リズムを変える事なく学習できるので、忙しい人の負担になる事はありません。

現代人の強い味方となってくれそうですね。

特にリスニングが苦手な人

SP English(SPイングリッシュ)はリスニングが苦手な方に向いていると思います。

私もそうなのですが、外国人の発音って良すぎて聞き取れない事多くないですか?

実はあれ、日本にはない発音だから聞き取りにくいんです。

日本にはない発音を聞いても、聞き取れるわけがないんですよね。

だって普段使わないんですから。

それを聞き取れという方が難しいと思います。

「だったら視覚的に覚えればいい」と採用されたのが、リアル発音記号。

これは外国人が発する発音を、目で見ながら覚え、そして耳に馴染ませていきます。

頭で発音を理解してしまえば、意外と耳に馴染むまでも早いと思います。

この方法であれば、リスニングが苦手な人でも、間違いなく英会話が上達しますよ。

勉強が嫌いな人

子供でも大人でも、勉強が嫌いという人はたくさんいます。

「忙しいのに勉強するなんて!」「大人になったのにまだ勉強するの?」と思う人もいるでしょう。

それでも英語が必要で学ばなければならない人には、SP English(SPイングリッシュ)が最適です。

SP English(SPイングリッシュ)で英語を学んで思ったのは、勉強している感覚がないという事でした。

どういう意味かというと、英語に興味が沸き、面白く感じるので、勉強しているような気分にはならないのです。

勉強に感じない上に面白いのであれば、苦に感じる事はないと思いませんか?

机に向かってノートを取ってなんて古い事はしませんから、気軽に始めて英語が身につきます。

SP Englishの公式HPへ
TOPページを見る