英語が日本人と外国人の懸け橋になる!?

英語が日本人と外国人の懸け橋になる!?

もし英語が話せたら、外国人の友達を作りたいと思った事はありますか?

世界中に友達がいたら素敵だと思った事はありますか?

それ、英語が話せれば可能な事なの知っていますか?

日本人からすると、外国人の友達を作るなんて戯言のように感じるかもしれませんが、そんな難しい事ではありません。

そう断言できるのは、こんな理由があります。

日本人と外国人の0距離計画

0距離計画と言いましたが、実際はそんな大それたものではありません(笑)

本当にシンプルなものです。

問題なのは言葉の壁だけ

外国の方と0距離になるには、単純に互いの言葉を話せるようになるのが一番の近道です。

けれど、日本語というものは日本でしか需要がありません。

他国に行って、公用語が日本語なんて国がないのは言わずもがなわかりますよね?

相手が日本に興味がなければ、日本語を覚えるメリットははっきり言ってありません。

しかし英語はどうですか?

寧ろ英語圏の国はたくさんありますよね?

となると、こちらが英語を覚える方が互いにメリットだと思いません?

外国人に日本語を覚えさせるのは、私達が思っている以上に大変なものです。

それに比べて英語はシンプルです。

国によって同じ英語でも方言のようにイントネーションが違う事は多少あるものの、言葉自体は変わりません。

日本語みたいに敬語や尊敬語、丁寧語なんてものもありません。

どう考えても英語を身につける方が負担は半分以下というわけです。

となると、こちらが英語を話せるようになる方が、互いにとってメリットだらけだというわけです。

英語には不思議な力がある

英語が話せるようになって感じた事、それは英語には不思議な力があるという事です。

それまでは自分がそうなると思いませんでしたが、英語を話せるようになってから、話し方も明るくなったと思います。

今まで外国人が明るいのは国柄だと思っていました。

けれど、英語が話せるようになった今、実際に外国人の方と話す時はテンションが上がりますし、自信がつきます。

時々身振り手振りもオーバーになったり(笑)

これがどういう理由なのかはわかりませんが、それでも現に英語を話すだけで明るくなれるので、英語には不思議な力を感じます。

明るく話せれば、どこの国の人ともすぐに仲良くなれると思います。

TOPページを見る